検索エンジンの対策

有益な情報を提供しているかどうかを決定する役割を検索エンジンは担っていると言っても良いでしょう。
なぜならば、この評価精度が各検索エンジンのシェア拡大を握っているからです。
Yahoo!JAPANにしてもGoogleにしても、検索結果で上位表示されたページがユーザーの求めている情報にマッチしなければ、
検索エンジンとしての質が低下してしまうわけで、 ユーザー離れが起こるということなります。
要するに、各検索エンジン共に日々定期更新を行い、その精度を高めなければならないのです。
検索の精度は、世界中にあふれているサイトのインデックス量や、言語解析の技術、またユーザーの国民性や、
インターネットの環境等を考慮しながら日々改善が加えられているということになります。
だからこそ、検索エンジンで上位を占めるということは、広告を出稿するということとは異なり、
客観的な目でサイトの評価を受けるということになりますので、信頼度の構築にもつながるということになります。
また、各検索エンジン共に、日々検索のアルゴリズムは変化していきます。、
検索されるサイト自体のページについても内容や数が常に変化しています。
したがって、同じキーワードでも順位は常に変わっていきます。
とはいえ、不思議な事に、一度上位にランキングされてしまうと、
よほどの大きな更新がない限りは、一気に下位には下がらないという傾向があります。
上位を獲得すれば、アクセス数も必然的に伸びますので、
サイトとしての評価が上がることになりますのでリンクされる可能性も高くなるということになっていくわけです。
先ほど、検索エンジンはあくまでも「有益な情報をユーザーに提供するため」にサイトを評価して検索結果に反映させているという話をしました。 すなわち、広告ではありませんので費用は一切かかりません。したがって費用をかけずに集客出来ると近年注目されているのです。

続きはこちら